家族が病気になって初めてわかること

突然、家族が病気になる

ある日突然、家族の1人から「来月の10日に手術することになったから」と告げられました。最初「えっ」と思いました。なぜなら、今まで通り、仕事にも行っており、全然病気をしているとは思えませんでした。ただ、2ヶ月前に体のある部分が少し気になり、病院で検査したら、大きな病院での再検査が必要になり、その結果、手術をしなければいけないことになったそうです。

今まで大きな病気をしたことがなかったために驚きましたが、病気になってしまった以上前向きに治療するしかありません。家族が手術をすることがわかってから、生活が変わるかといえばまったく同じです。手術をすることになった家族は今まで通り、仕事に行って、普通の生活を送っています。

体調が優れなく日常生活に支障が出て入院する。そして、検査結果、手術をするというのが一般的なのかなあと勝手に思っていたのに、外見からは病気をしているようには見えませんでした。でも、大きな病気になっているのは間違いありません。手術直前まで、毎週1回、検査のために病院に行く以外は今までの生活スタイルは変わりません。

いままでと同じ時間が経過していましたが、とうとう手術3日前になりました。 この日から入院です。ただ、この3日間は朝、検査が終わったら、外出許可をもらって自宅に帰っていました。このときも今まで通りの生活を送っています。そして、手術の前日は、明日から入院で家にはいないため食事などの身の回りのことで伝言を残していきました。

手術当日の朝。「じゃ〜行ってくるわ」と言って病院に行きました。 手術はお昼の12時から夕方5時間まで(時間は予定)掛かるそうです。 その際、別の家族が付き添っていました。 今日から、食事、炊事洗濯などすべて自分たちですることになります。 今までとは違う雰囲気の家になっているのがわかります。 これからどんな生活になるか心配ですが、今は手術が成功するのを願うだけです。

【手術から2年】
家族が大きな病気で手術をして2年が経ちました。 2年前は「これからどうなるんだろう」と思っていましたが、今では普通に生活しています。 病気で2ヶ月も入院していたとは思えないほどの回復ぶりです。

ただ、元気に生活していますが、健康については人一倍気を使っています。 最近、「腸内フローラ」という言葉を聞いたことはないでしょうか? 「腸内フローラ」とは腸内に住んでいる菌がお花畑のように見えることから名づけられました。

ただ、どの人でもこのような状態の腸というわけではありません。 腸内に住んでいる善玉菌と悪玉菌のバランスがよくないと、「腸内フローラ」とはなりません。 そして、普通の人は悪玉菌が多い状態になっています。

そこで、善玉菌を増やす努力をすることが「腸内フローラ」にするカギだと言われています。 善玉菌は乳酸菌とビフィズス菌の2種類です。 そして、乳酸菌とビフィズス菌の好物がオリゴ糖と食物繊維です。 このことから、乳酸菌とビフィズス菌またはオリゴ糖と食物繊維を増やすことが重要であることがわかります。
詳しく知りたいなら乳酸菌サプリのサイトが参考になる

なぜ、「腸内フローラ」の話をしたかというと、大きな病気になった家族がこの2年間で特に実践していたことが、腸内を良好な状態にすることだったのです。 今、書店に行くと「腸内フローラ」に関する本が多数置いてあります。 自分の健康のためなら1冊買えばいいです。

専門家になるわけではないので、図があり、私たちのように病気に関する専門知識がなくても理解できる本であればどれでもいいです。 そして、一生大きな病気にならないためにも、その本に書かれていることを実践してほしいと思います。

私の家族の例では、まず、朝はヨーグルトと自家製のレモン入りトマトジュースを飲んでいます。 そして、お昼にはキムチを欠かさず食べています。 夜はハチミツ入りヨーグルトを食べています。 さらに、大豆製品をたっぷり食べています。

自家製のレモン入りトマトジュース以外はどれでも簡単に実践できるのではないでしょうか? トマトジュースについても濃縮タイプではなく、食塩や砂糖が入っていないものがネットで買えます。少々お値段が高いかもしれませんが、サプリを購入すると思えば、それほど負担にはならないのではないでしょうか。

上記の食材の共通点は乳酸菌やオリゴ糖です。 なので、乳酸菌やオリゴ糖が入っているものなら、上記のような食材でなくてもいいです。 そして、毎日欠かさず実践することも重要です。

もちろん、私の家族のように病気をしていない人は、そこまで厳格に実践することはないですが、まずは1つでもいいので乳酸菌やオリゴ糖が多い食材を食べるようにしましょう。 身近でどんどん健康になっているのをみていると、腸内の環境をよくすることで健康になれるということをひしひし実感しました。

もちろん、世間ではいろりろな健康法があって、どれを実践すればいいのか迷ってしまうことでしょう。 乳酸菌よりももっといい健康法はあるのではないか?と思ってしまうのも自然なことです。 ただ、乳酸菌の入った食材を食べたり飲んだりするのは、スーパーなどで買い物するときに少し乳酸菌のことを思い出すだけでいいのです。

他の健康法ならいろいろな準備が必要であったり、実践するまでが大変だったり、毎日続けることができなかったりするのではないでしょうか? そして、乳酸菌の食材なら比較的早く効果を実感できるものです。 その効果とは便秘の解消です。

便秘が解消できれば、女性の場合、肌がキレイになるのも実感できるはずです。 効果を実感できれば、自分が健康になるためによい方法であるということです。 そうなれば、乳酸菌やオリゴ糖がスゴイということがわかることでしょう。 まず、3日でいいのでスーパーに買い物に行ったらヨーグルトを買ってみませんか?

今はガゼリ菌などいろいろな菌が入ったヨーグルトがあって買うときに迷うものですが、できれば植物性乳酸菌が入っているヨーグルトを購入してください。 ヨーグルトというのは人それぞれの腸によって効果を実感できるものとできないものがあります。 植物性ヨーグルトは比較的どんな人でも効果があると言われています。 もし売っていなければ、ガゼリ菌が入ったのを買ってください。