家族が病気になって初めてわかること

複数の方法にチャレンジしよう

家族が大きな病気になり、健康について考えるようになった。ここでは便秘について書きたいと思います。 まず、便秘で悩んでいる人はたくさんいます。私もそうでした。すこし油断すると平気で3日間程度出ていないということがありました。 それをどうやって克服したかというと、便秘にいい言われていることを複数同時に実践することです。 通常、便秘を改善したいと思うとよいと思う方法を選び、それを実践します。

便秘というのは結構根が深いと思うので、1つの方法を実践しても改善しないことが往々にあります。 まずは、このことを知ってほしいです。 つまり、1つの方法を実践してもなかなか出ないのは普通だと思います。 毎日出るようになりたいなら複数の方法を実践することがとても重要だと思っています。

まず、毎日できそうな方法を複数選ぶことからはじめてください。 それらの方法を組み合わせて毎日するようにしてください。 毎日快便できるためには複数の方法の組み合わせで対応しましょう。

具体的に私はどんなことをしているかをご紹介します。 まず、朝、目が覚めたらすぐに起きずにベッドの中にいます。 そして、腹式呼吸を5分程度します。 腹式呼吸というと難しいと思ってしまう人もいますが、まず、お腹を凹ませながら息を吐いてください。次に息を吐いて苦しくなってきたら、自然に任せて息を吸ってください。このときはお腹を膨らませながら行なってください。 そして吐くと吸うときは口でも鼻からでもどちらでもいいです。

これが終わったら起きます。起きたときには、白湯を200cc程度飲みます。 さらに、バナナも1本食べます。私の朝食は白湯とバナナだけです。 さらに、おやつの時間には飲むヨーグルトを200cc飲んでいます。 複数の方法を毎日行なってくださいと言いましたが、上記の方法なら毎日実践できるのではないでしょうか? 私は、この組み合わせで便秘知らずになりました。

他にも簡単にできる便秘解消法はあります。自分にできそうだと思うことを組み合わせて実践してみてください。